スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらく

しばらく中断します。また、再開しますので。
スポンサーサイト

ちょっと休憩。

おはようございます。
アラフォーの満塁男です。
3日ぶりの更新になりました。

なんだか最近、書く意欲が少なくなってきました。
やる気出すために青汁を飲みます。
なんとなく体の調子も良くなってきているような気もするのでお勧めです。
】ファンケルの本搾り青汁ベーシック

もうすでにこのブログで書いているのですが、この頃すぐに睡魔に襲われます。
早い時は8時には眠たくなってきます。
もしかして、精神的な病気???
可能性は十分あります。
嫁に聞いてみました。

「最近、スグ眠たくなるねんけど、もしかして病気ちゃうかな?」

「何言ってるん。遺伝やろう!!

納得。
ただ、父親に似てきただけだそうです。
ビミョ~なオチで今日はここまで!
中身なし。







人間不信の原因②

おはようございます。
アラフォーの満塁男です。
昨日の夜、ブログ更新しようと思いましたが、完全に疲れで眠ってしまいました。
前も書きましたが本当におじいちゃんです。
今から書く事はフィクションであり空想であり、妄想です。
事実とは全く関係ございません。
ワークポート

今回も前回紹介したAの話です。
前回の支店長呼んでこいの案件が自分が思っていた以上に重い案件であり、フラフラになりながら交渉を行っていた中、融資部隊は全員配置替えとなり、近くの店に移動になります。

新しい店の支店長は…
前回のおべんちゃらで支店長までなった人と違い、
超理論派であり、筋が曲がったことが嫌いなパワハラでした。
店の雰囲気は最悪であり、数字もできていませんでした。

当時の私はTの案件以外は絶好調。今考えるとかなり調子に乗っていました(恥ずかしい)
そんな中、支店長と面談の日が近づいてきました。

「満塁さん。この店おかしいですよ。僕次の支店長との面談でおもいっきり文句言ってやろうと思っているんですよ。」
とAは言います。

「イヤイヤ。まだ、着任して1週間しかたっていないから文句言うのは早いと思いますよ。」
「そんなことないですよ。僕は我慢できないですよ。」

ただ、私は当時、店をよくするためには自分が思っていることを言うスタイル。
(当然喧嘩腰ではございません。今考えると甘ちゃん)

「わかりました。僕も次の面談の時、思ったことを言います。」

支店長との面談
「なんか言いたいことないか」と支店長が言うので私は色々、こういうふうにやり方を変えて欲しいとか色んな意見を出しました。
すると意外なことにその支店長が出来ること、出来ないことをちゃんと説明してくれ、納得のいく面談でした。

私の次の面談だったAが聞いてきます。
「満塁さん、文句いいました?」
「文句じゃないですけど、ある程度言ってすっきりしました。色々変えてくれるらしいですよ。」
「わかりました。僕はおもいっきり文句言ってきます。」

数日後
会社の飲み会でたまたま支店長の隣に座る機会がありました。
支店長は言います。
「俺はパワハラで有名やから、俺に意見してくる奴なんかいないんだが、お前が言ってきてくれてすごい嬉しかった。そういうことを言ってくれるのはお前だけや。もっと、おかしいと思うことは言ってきてくれ。」
「イヤイヤ、そんなことないですよ。Aさんも言っていたでしょう。」
「Aも言ってたぞ。不満ないかて俺が聞いたら”満塁さんと一緒です”て。”僕は体育会系やから上が言うことは絶対ですから”て」

確か面談終わったあとのAは支店長にメチャ文句言ってやったて色んな人間に言っていたのだが…

その支店長は実は厳しいが面倒みのある支店長でとても素晴らしい支店長でした。
ただ、この支店長が転勤(降格)に追い込まれる事件があり、この時も人間不信に。
ただ、次の店でもこの支店長と仕事上絡むことになった時には、うらぎられるのですが。

そうそうこの話はフィクションであり空想であり、妄想です。
事実とは全く関係ございません。



ワークポート

前回の続き

を書こうと思ったが力尽きました。
明日、朝書きます

人間不信の原因①

おはようございます。
アラフォーの満塁男です。
今から書く事はフィクションであり空想であり、妄想です。
事実とは全く関係ございません。
#NAME?
当時とある銀行に勤めていた私は通勤経路が途中まで一緒だった妻と通勤していました。
通勤中のバス内で1本の電話がかかってきました。
電話の相手はAという同僚でした。
「実は今日の朝、倒れてしまいまして…今日は会社、休むんですよ。それでTには絶対に行かないとダメなので満塁さん行ってもらっていいですか。」
「分かりました。」
訪問の内容を確認し電話を切りました。
「誰から」
隣で座っている妻が私に言いました。
「Aさん。なんか今日の朝に倒れたらしいねん。だから、会社休むらしい。」
「めちゃでかい声で喋ってたやん。内容は聞き取られへんかったけど、私のところまで声が聞こえてたで。倒れたなんて嘘なんちゃうん。」
「嘘じゃないやろう。昨日、可哀想商事と飲みにいってるねんで。支店長に内緒で飲みに行ってるのにこんな日にズル休みなんかせーへんやろう」
「そらそうやね。」
ワークポート
出勤後…
「満塁くん。ちょっといい。」
支店長から応接室に呼び出しがかかります。
「昨日、可哀想商事と飲みに行ったらしいな。Aも飲みすぎで休んでる。経緯を説明してくれ。」
私は昨日起きたことを説明しました。
当初は可哀想商事の社長とA、そして次長と3人で飲みに行く予定だったこと。
当日、次長が日にちを間違えていて、1次会に出席できないことが判明したこと。
社長と2人きりで飲みたくないとAが駄々をこねたため、次長の代わりに1次会は私が行くことになり、2次会は次長が行くことになったこと。
最終的には次長合流後も社長から引き止められ、2次会も出席したこと。
「なぜ、俺に報告しなかった。」
当然ですが、お客様からの接待を受けるのは報告が必要。
私たちは当時、融資中心の営業部隊。
この支店長は融資を扱っている支店の支店長であるにも関わらず、融資業務から10年以上離れており、融資のことを全然分かっていない人でした。つまり、ゴマすりだけで支店長になった人。
こんな人を信頼できる訳もなく、営業部隊は好き勝手やっていたのでした。
「申し訳ございません。」
「満塁くん。可哀想商事の業績知ってる?」
「はい。知っています。申し訳ございません。」
当時、可哀想商事の業績はそれほど良好とは言えず、たまたま、新しくでたファンドと条件が合い、融資が実行できただけ。
今回は融資のお礼の接待だった。
通常業務に戻り、Aに頼まれていたTに訪問するも待たされるだけ待たされる。
おかしい。時間を間違えたかと思い始めたとき…
がちゃ。ドアが空いてTが登場すると同時に一言。
「お前誰や。俺は支店長を連れて来いと言ったんだぞ。」
話を聞くと言いがかり的な部分もあるがAと銀行サイドが悪い部分もある。
それもかなり前から揉めていたのをAも支店長も結論を出さず、先延ばしにしていたようだ。
その日次長に2人で飲みに誘われる。
僕はこの次長に関しては人間的には好きでなんでも相談できる間柄だった。
次長からは可哀想商事の件を謝罪され、僕からはTの件を報告。
そしてTの担当は僕にしたほうがいいことを説明した。
当時の僕は困っている人を助けたら、いつか自分が困っているとき誰かが助けてくれるという甘ちゃんの考え。
また、僕はTを上手く抑えるためには次長と僕の方が上手く抑えられる自信もあったのだったが…
(ちなみにこの案件は揉めに揉め、会社から注意されるような案件となるのだか…それは別の話)
それとあの時はAと仲もよく、信頼関係もあると思っていたのだが…
次の日の朝
Aが出勤。
「おはようございます。昨日すみませんでした。」
「いや、大丈夫ですよ。実は昨日Tに行ってきたのですが、担当が僕に変わることになったんですよ。それでちょっと聞きた…。」
「ありがとうございます。僕ちょっとやらなあかんことがあるんで後で。」
ニヤッと笑いながら(ように見えた)去っていきます。
僕が呆然としていると違うところからAの声が聞こえてきます。
「昨日、目が覚めたのが昼の二時やってん。それまでの記憶が全くないねん。支店長にもめっちゃ怒られるし最悪や」
その時やっと気づきました
そうか!!俺は騙されてんや。初めから計算通りやってんや。.
バスの電話は記憶がないのか…
電話を切った後、嫁の言ったことが正解だったのです。
そこからAとの関係は表面的な関係となり、その後もいろいろあるのですが半年後、Aは転勤しました。しかし、その後また、Aと同じ支店になり、完全に嵌められるのですが…
それはまた、気が向いた時に書きます。
ただ、この出来事が僕を人間不信にしたきっかけの出来事でした。
PS
可哀想商事…この出来事の後、半年でAが転勤し、違う担当になるのですが、地域替えがあり、僕が担当することに。一緒に飲みに行ってから約2年。可哀想商事は融資実行不可の会社になっていました。
「社長ご無沙汰しております。」
「満塁くんが担当なるの」
「あの時は申し訳ございませんでした。」
「いいよ。うちのこと色々聞いてる?」
「はい。お聞きしています。」
「うちにはもう来なくていいよ。」
「いやいや、そうおっしゃらずに。」
「もうホンマに来んといてほしいねん。じゃ~」
もう一度言います。この話はフィクションであり、空想であり、妄想です。
サラリーマンのみなさん!!会社に仲間なんていません。頑張りましょう(笑)
ワークポート
はじめての転職ならWORKPORT

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。